Q 負荷試験は毎年しないといけないのですか?

A 平成30年の法改正で予防的な保全策を講じていれば6年に1度の負荷試験でも大丈夫になりました。但し、負荷試験は唯一発電機に負荷を掛けて動かす方法のため、「非常時に本来の性能を発揮できるか確認する」という点でほとんどのお客様が毎年負荷試験を実施しています。負荷試験は人間でいう「準備運動とスポーツの記録会」のようなもです。毎年実施することで非常時に発電機が作動するよう準備運動をさせると同時にデータ測定で能力を実証する役割を担っています。