静岡県の発電機事情

どうも!

斎藤です。

日中の気温はまだまだ暑いですが、朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね。

 

今日は静岡県内に設置してある発電機の設置台数について。

静岡県に設置してある発電機は約45,000台、消防法における非常用発電機の設置基準は延床面積1,000㎡以上の建物です。

多いんですかね~?皆さんはどう思いますか?

駅前の高層ビルや学校、病院なんかは間違いなく対象になりますね。それと、消防法の設置基準に該当しなくても非常用発電機を設置している建物があります。

それは、銀行です。銀行は延べ床面積に関わらずほとんどの施設で設置しています。

銀行が停電したらATM含め大変なことになりますからね。

 

非常用発電機って普段気にすることないので放置され気味なんですけど、保険と同じでとっても大事なんですよ。

なので、ただ点検するのではなく、いざという時に自分自身を守ってくれるよう備えて点検に臨みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です